ある朝突然、仕事に向かおうとしたら「エンジンがかからない!困ったな…」

車を所有している方なら、誰でも一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

もしまだ経験が無い方も、車を所有している限り、この先起こり得ることです。

おそらくこれは、バッテリーが劣化しているか、バッテリーの寿命が来ていることが原因です。

車のバッテリーの寿命は、一般的には2~3年と言われています。

中には5年近く持つ場合もあったり、1年未満で寿命が来てしまう場合もあります。

バッテリーは、エンジンの始動や、夜間ライト、エアコン、オーディオなど電装部品を動かすために必要なものです。このバッテリーが寿命を迎えてしまうと、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいます。

旅先や大事な日に、この様な事態は避けたいですよね?

今回の記事では、バッテリーの寿命の原因と、長持ちさせるコツなど、実際にバッテリーを交換するといくらかかるのか。をご紹介します!

車のバッテリーの寿命を縮める主な原因

車のバッテリー寿命を縮める主要原因として以下の様なことが挙げられます。

  • 車の使用頻度が少ない
  • ライトの付けっぱなし
  • エアコンやオーディオを頻繁に使う
  • 市街地などでちょこっと乗りが多い

車のバッテリーを長持ちさせるコツを5つご紹介

  • 定期的な運転をする
  • エンジンをかけっぱなしの時間を設ける
  • 過度な電気の使い過ぎに気をつける
  • アイドリングストップを減らす
  • 極端に気温の低いところでの運転を避ける

定期的に運転し、エンジンをかける時間を長くする

バッテリーは消耗品ですが、長持ちさせるためには定期的なメンテナンスはもちろん、定期的に車を運転することも大切です。

バッテリー寿命の原因として、ちょこっと乗りが多いことを挙げましたが、「頻繁に車に乗っているから大丈夫じゃないの~?」という声が聞こえて来そうですね。

ですが、バッテリーの電力消費で最も多いのが、エンジンの始動です。

そもそもバッテリーは、エンジンの回転を利用し発電した電力を蓄えておくものです。

そのため市街地では、渋滞も考えられるため、エンジンの回転数があまり上がらず、頻繁にエンジンの始動を繰り返すと充電よりも消費電力の方が多くなってしまうのです。

ドライブが難しい場合は、1時間ほどエンジンをかけっぱなしにする

では、「定期的な運転が難しい場合は、どうしたらいいですか?」という疑問にお答えします。前述したとおり、バッテリー上がりに欠かせないのは回転数を上げて蓄電することです。

そのため、定期的な運転が難しい場合は、車を放置しておくことは決してしないようにしてエンジンを1時間ほどかけっぱなしにしてください。

電気の使い過ぎに気をつける、過度にバッテリーに負担をかけない

バッテリーの蓄電に心がけていれば、必ずしも安心できるとは限らず、消費電力を抑えることも大切です。具体的な例として、

  • 夜間運転の時間を減らす
  • エアコンをフル稼働させない
  • オーディオを大音量で流さない
  • ナビに頼り切った運転をしない
  • エンジンをかけていない時に、ライトを消す

このようなことに心がけましょう。

アイドリングストップを減らす

アイドリングストップ車は、信号待ちなど、発進する必要がないと判断した時にエンジンを一時的に停止させます。ブレーキから足を離すか、発進する時にエンジンを再始動させます。

そのため、標準車以上にバッテリーにかかる負担が大きく、バッテリーの寿命は早まってしまいます。メーカーは標準車用のバッテリー保証期間より半分くらいでの交換を推奨しています。

極端に気温の低いところで運転をしない

バッテリーは、寒いと性能が落ちます。これは、バッテリー内の液温が下がることによって引き起こされます。

特に外気温がマイナス20℃という極端に気温の低いところでは、新品のバッテリーであったとしても本来の性能の50%の性能しか発揮することができないのです。

外気温が0℃であっても80%の性能になってしまいます。その他にもエンジン始動が困難が条件が重なるため、バッテリーに負担をかけてしまうことになります。

バッテリーの交換サインと交換費用

ここまでは、バッテリーを長持ちさせるコツを紹介してきました。

では、実際にバッテリーを交換するタイミングはいつなの?実際に交換するといくらかかるの?という疑問にお答えします。

バッテリー交換のサイン

・エンジンのかかりが悪くなる

・走行時のヘッドライトが明るかったり暗かったりする

・スライドドアの開閉が遅くなる

このような現象が起こるようになってきます。明らかにおかしいですよね。

バッテリー交換の費用

バッテリー自体の値段は、メーカーやサイズなどによって違います。

一般的な目安として、10,00020,000くらいになります。

工賃も、工場、カーショップによっても違いますがオートバックス、イエローハットの工賃を載せておきますので参考にしてください。

カーショップ 目安工賃(税抜き) 目安時間
オートバックス 500円~ 10分~
イエローハット 500円~ 15分~

バッテリーが上がってしまった時の対処法をご紹介

バッテリーが上がってしまった時の対処法として、

  • 救援者を呼ぶ
  • ジャンプスターターを使う
  • ロードサービスを使う

など様々ですが、ここではロードサービスについてご紹介します。

ロードサービスですが、【JAF(日本自動車連盟)】というのを耳にしたことがあるのではないでしょうか?JAFは24時間・365日、いつでも、どこでも、車のトラブルにかけつけてくれる頼もしいサービスです。

トラブル対応の流れは、

  1. JAFを呼ぶ
  2. 車両の手配
  3. 救援作業

になります。実際に私たちが行うのは、救援コールに連絡するだけです。

電話だけでなく、メール、FAXでも救援依頼はできます。

連絡がついたら、JAFコールセンターのスタッフにトラブル内容をお伝えしてください。

救援到着まで、交通状況によって変わりますが、およそ1時間ほどで救援に来てくれます。バッテリー上がりであれば、エンジンがかかる作業をし、料金を支払って終了です。

JAF(日本自動車連盟)の場合、入会金2,000円、年会費一人当たり4,000円で個人会員になれます。

会員になると、一般道・高速道路でのバッテリ交換の作業は無料になります。

非会員ですと、一般道で13,000~16,000円、高速道路で15,000~18,000円ほどになります。

バッテリー上がりは冬に多い!心配な場合は、寒くなる前に点検を!

バッテリーの性能が外気温によって低下することは、先ほどお伝えしました。

なので、冬になるとバッテリー上がりが急増するのは当然といえば当然…

心配な場合は、寒くなる前に点検を行っておくといいです。

点検箇所として、

  • バッテリーの電圧
  • バッテリーの液量

がありますが、自分で点検するのを難しく思う方も見えると思います。

そんな時は、近くのガソリンスタンドでもバッテリーの点検をしてもらえるのでオススメです!

ガソリンの給油を行っている間に点検をしてくれるので、余計な時間を取られることもないです

ただし、この点検は目視でのバッテリー液の残量やバッテリーの変形を点検するものなので、バッテリー寿命を調べるものではありませんのでご注意ください!