>> 最安値ショップの調査結果を公開!

なぜ妊娠中に貧血になりやすいの?妊娠中の鉄分不足の原因と対策

妊娠中は、健康診断などで貧血を指摘される女性も多いかもしれません。

妊娠をすると、女性の体の中でもいろいろな変化が生じます。

鉄分が不足するなど、さまざまな理由から貧血になりやすくなるため、原因を把握して自分でできることを探ってみるのがよい方法です。

ここでは、妊娠中に貧血になりやすい原因や対策について解説していきます。

貧血のときに多い症状は?

貧血になると、体や心にもいろいろな影響が現れてきます。

例えば、倦怠感や息切れ、動悸などは、貧血の人に多く見られる症状のひとつです。

また、貧血になると急に立ち上がったときに立ちくらみがしたり、めまいがしたりすることもあります。

顔色が悪くなる、冷えやすいなども、貧血の典型的な症状と言えるでしょう。

妊娠中の女性の場合、このような症状が見られても、自分で貧血だと気付かないケースがあります。

症状が軽いときには、そのまま過ごしてしまうこともあるでしょう。

何となくイライラしたり、だるさを感じたりするときは、病院で血液検査を受けてみたほうが安心です。

貧血は胎児にも影響する?

貧血になると、酸素を運ぶ役割を果たしている赤血球の数が減ったり、ヘモグロビン濃度が低くなったりします。

赤血球が減ると全身に酸素を十分に供給できなくなるため、胎児へも少なからず影響を与えることがあります。

酸素不足によって十分な栄養分を胎児に送り届けることができないと、発育が遅れたり早産につながったりすることがあるため注意が必要です。

鉄分が不足することで起こる鉄欠乏性貧血の場合は、ホルモンバランスにも悪影響を及ぼすケースがあります。

流産などを招く恐れもあることから、妊娠中の貧血は早めに改善するのがベストです。

妊娠中に貧血になりやすい理由

妊娠中は、体内を流れる血液の量が妊娠前よりも増えると言われています。

体内の水分量が多くなることから、血液が薄くなってしまうのが貧血を招きやすい理由です。

また、鉄分などの食べ物から取り入れた栄養分が、胎児に優先的に供給されることも貧血が増える一因です。

妊娠前と同じだけの栄養分を摂取していても、胎児へ供給される分が増えると母体が栄養不足に陥ることがあります。

鉄分だけでなく葉酸やビタミンB12などの栄養素も不足しがちになるため、妊娠中は貧血を招く条件がそろってしまいます。

貧血予防のための対策は?

妊娠中の貧血を予防したいときは、鉄剤や鉄分を含むサプリメントなどを利用する方法があります。

鉄欠乏性貧血の兆候が見られる場合、医療機関で相談をすると医師から鉄剤を処方してもらえることが多いです。

医療機関では、血液検査の結果などからその人に適した量の鉄剤を出してくれるため、貧血のコントロールもしやすいです。

鉄分を含むサプリメントは、ドラッグストアや通販サイトなどでも手軽に購入ができます。

葉酸や各種ビタミンが配合されているサプリメントは、貧血を予防したいときにも試してみる価値があります。

バランスの良い食事で貧血のリスクは減らせる

貧血のリスクは、毎日の食事に気を配るだけでも減らせる可能性があります。

食事でタンパク質やビタミン、ミネラルをまんべんなく摂取することは貧血の予防にも役立ってくれます。

鉄分を多く含む食材を積極的に取り入れたり、鉄分の吸収をアップする栄養素を意識して摂取したりすれば、妊娠中でも貧血にならずに済むかもしれません。

食品から摂取できる鉄分は、赤身の肉や魚に多く含まれるヘム鉄と野菜、大豆などから摂取できる非ヘム鉄の2種類にわかれています。

体内に吸収されやすいのは、ヘム鉄です。

ちなみに、鉄分はビタミンCを一緒に摂取するとより吸収されやすくなると言われています。

貧血のリスクを減らすためにも、妊娠中はバランスの良い食事を心がけましょう。

貧血の原因を知って早めに対策を講じておこう

妊娠中はいろいろな点で貧血になりやすい条件がそろっていますが、自分の工夫次第では症状が出るのを防げる可能性があります。

定期的に血液検査を受けて自分の体の状態をチェックしておけば、症状が出たときにも早めに対処ができるでしょう。

貧血になりやすい原因を把握して、毎日の生活で対策を講じておくことが大切です。