妊娠前に準備しておきたいことをまとめました

これから赤ちゃんを産みたいと考えている場合、万全な状態で迎えたいものです。

出産はもちろん、その後の育児にも母子ともに健康でいられるように、今からできることに取り組んでおくことが必要になります。

妊娠前に出来ることはどんなことなのか、どのような効果があるのかという事を見ていき、実際に取り組んでいくきっかけとしてみましょう。

基礎体温をつける

妊娠前にまずやっておきたい事として、基礎体温を付けるということが挙げられます。

妊娠しやすいタイミングを計るうえでも、基礎体温を付けておくことはもちろん大きな役割を果たすことになります。

妊娠にも早く気づきやすくなることもあるのです。

それ以外にも、体調の変化に気づいて早めに対処出来ることもメリットとしてあります。

妊娠初期に体調を崩してしまうと、おなかの赤ちゃんの発育にも影響することがありますから、こうした点は大きなポイントとなってきます。

既に基礎体温を継続的につけているという方も多いでしょうが、まだの方は積極的に始めていきましょう。

体重をコントロール

妊娠をすると、体重の変化にも気をつけていく必要が出てきます。

妊婦健診でも体重の変化をチェックし、増えすぎないように気をつけることをアドバイスされることも多いものです。

体重が増えすぎると、高血圧などの問題を起こしやすくなるので、赤ちゃんにも影響が出てしまう恐れがあるのです。

もともと体重が多い場合にはこうした高血圧や糖尿病などのリスクはさらに高まります。

妊娠してから体重を落とす事は大変ですし、食事制限や運動などを急に増やす事での影響も気になります。

妊娠前から体重コントロールしておくことで、リスクを減らすことにつながっていくのです。

葉酸などの栄養摂取

赤ちゃんの発育には、お母さんが栄養をしっかり摂取していくことが必要になってきます。

一般的に必要とされる栄養分のほか、妊娠中には特に葉酸などの栄養分も必要性が増してくることになります。

葉酸は妊娠初期に重要となってくるものなのですが、妊娠初期は妊娠に気が付いていない時期もあり、またつわりなども影響して栄養分を十分とれなくなることもあるのです。

だからこそ、妊娠前から積極的に栄養分をとっていくことが妊娠準備として必要になってきます。

禁煙

タバコの害については多くの方が認識していることでしょう。

妊娠を望むなら、自分の問題だけではなく赤ちゃんの健康に繋がる問題でもあります。

タバコを吸っている方は是非禁煙を心がけましょう。

また、自分自身だけではなく、家族など周りの人にも呼びかけ、みんなで禁煙することも大切です。

タバコを吸った時に漂う煙で周囲の人に害を及ぼすこともあるので、妊婦さんや赤ちゃんがそれを吸わないようにする環境作りをしておく必要があるのです。

健康診断、婦人科検診を受ける

妊娠前には健康診断を受けておきましょう。

特に婦人科健診を受けておくことで、赤ちゃんを迎えるうえで問題ないかどうかを確認しておくことは大切です。

妊娠してから病気が発覚した場合、薬や治療法が限られてしまいます。

赤ちゃんにも悪影響が出ることがあるので、事前に病気が無いかどうかを確認しておくことは重要です。

予防接種や歯科検診など

妊娠前にぜひやっておきたい準備として、予防接種が挙げられます。

風疹など妊娠中にかかると赤ちゃんに影響しやすいものについては、抗体があるかを確認し、必要に応じて予防接種をしておくことが必須です。

さらに、妊娠するとカルシウムが赤ちゃんの成長に使われていくため歯に関する問題が起きがちになります。

妊娠前にきちんと歯科検診を行い、必要に応じて治療しておくことで問題を減らすことが出来、安心して出産を迎えやすくなるのです。

しっかり備えて、赤ちゃんを迎える準備をしましょう!

新しい家族が増えるということはどのような状態でも喜ばしいことですが、やはり健康ですくすく育ってもらいたいものです。

そのために考えられるリスクを減らす準備をし、安心して赤ちゃんを迎えられるようにしていきましょう。

お母さんが健康である事を意識して備えていくことで、これから赤ちゃんが育っていくお腹の中の環境を整えることにつながります。