>> 最安値ショップの調査結果を公開!

葉酸を取りすぎるとどうなる?副作用はある?

葉酸は若い女性や妊婦にとって、摂取すべき必要な栄養素ということがよくいわれています。

しかし、そもそもなぜ必要な栄養素なのか、1日どの位摂取すれば良いかなど、葉酸に関してまだまだ知らないことは多いです。

そこで今回は、推奨する葉酸の摂取量の目安や、摂取しすぎることによる影響、さらにはおすすめの摂取方法について取り上げます。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量

葉酸の重要性が分かっていても、どれくらいの量を摂取したら良いか分からないという人も少なくありません。

厚生労働省から出された通知によれば、妊娠の1カ月以上前からや妊娠3カ月までの女性は、一般の食事(推奨量は、1日あたり240マイクログラム)にプラスして1日400マイクログラムの葉酸を摂取すると、神経管閉鎖傷害の発症リスクが減らせるとされています。

そのため、母子手帳にも葉酸摂取の重要性が記載されるようになりました。

葉酸とは、DNAやアミノ酸が合成されるときに欠かせない栄養素のことです。

もし葉酸が不足すると正常な合成が行われなくなるため、体内で様々な障害が起きやすくなるといわれています。

特に細胞分裂や細胞増殖が盛んに行われる胎児期に葉酸が不足すると、中枢神経に影響が出る可能性が高くなります。

代表的なものに二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖傷害が挙げられます。

妊娠初期に葉酸が不足するとリスクが高いため、妊婦にとって葉酸は欠かせません。

しかし、妊娠初期というのはなかなか妊娠に気づきにくいものです。

そこで、妊娠を希望する女性は、葉酸をしっかり摂るというスタンスが肝心です。

葉酸の取りすぎによる副作用はあるの?

妊婦や妊娠を希望する女性にとって必要な栄養素である葉酸。

不足しないように食事を見直すことは大切ですが、逆に過剰摂取によるリスクを気にする人も少なくありません。

葉酸は水溶性ビタミンに属するため、過剰摂取した分は尿中に排出されるという性質があります。

そのため、一見副作用等の心配はないように感じられますが、1日に1000マイクログラム以上を摂ってしまうと過剰摂取となります。

過剰摂取を続けてしまうと、葉酸過敏症の副作用が出てしまうリスクが高いです。

症状としては発熱やじんましん、呼吸障害などが挙げられます。

葉酸は少なすぎても良くないですが、過剰摂取しても体に悪影響が出てしまいます。

1日の葉酸摂取量の上限は1000マイクログラムと定められているため、それ以上の摂取は控えるように注意する必要があります。

日頃の食事+葉酸サプリを活用することをおすすめ!

葉酸とはもともとほうれん草から分離されたビタミンとして知られています。

また、ほうれん草以外にもブロッコリーやアスパラガスなどにも多く含まれています。

さらに、春菊やオクラといった緑色の濃い野菜や、豆類や果物類にも多いです。

つまり、日頃の食事で緑黄色野菜などをしっかり摂ることがポイントです。

ちなみに、茹でたほうれん草100グラムの中に含まれる葉酸の量は約110マイクログラムです。

ところが、葉酸は体の中に吸収しにくい性質があるため、推奨される量の葉酸を毎日摂取するのは少しハードルが高いです。

そのような場合、葉酸サプリの力を借りてみることも悪いことではありません。

何故なら、毎日の食事に神経を使いすぎてしまっては、ストレスが溜まってしまうからです。

食生活を見直したり、食事から葉酸を摂り続けたりする努力はとても大切ですが、頑張りすぎてしまうとかえって長続きしなくなります。

葉酸サプリを活用しながら、葉酸の摂取を継続させる方が良案なのです。

葉酸の摂取量について考える

胎児に与えるリスクを減らすためにも、妊娠初期の女性は一般の食事にプラスして400マイクログラムもの葉酸を摂る必要があります

ただし、これを継続させるのはなかなか大変なことなので、葉酸サプリを活用することがよりベストな選択肢です。

しかし、過剰摂取による副作用の心配もあるので、1日摂取量の上限をしっかり守ることも肝心です。